薄毛に悩む成人男性の約3人に1人はAGAが原因です。

多くの方が悩んでいるAGAですが、進行しないうちの早めの対策が必要となります。

AGAに悩んでいる方の中にも「フィンジアは効果はあるの?」と気になっている方もいますよね。

フィンジアはAGAの薄毛にも効果はあるのか?ということについて説明していきますね。

フィンジアがAGAにおすすめできる3つの理由

男性ホルモンを抑制する成分

AGAはジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが原因で起きるものです。

テストステロンという男性ホルモンが頭皮に存在する5αリダクターゼという酵素と結合することでジヒドロテストステロンとなるのです。

ジヒドロテストステロンが発毛を阻害し、薄毛の原因となるのです。

フィンジアにはこのジヒドロテストステロンを抑制する成分が配合されています。

 

  • センブリエキス
  • キャピキシル
  • カプサイシン
  • ヒオウギエキス

 

ジヒドロテストステロンの生成を抑制することができればAGAを予防することができます。

フィンジアの成分を見ると効果が期待できますね。

血流を促進する成分

 

  • ピディオキシジル
  • センブリエキス
  • カプサイシン
  • キャピキシル

 

フィンジアに配合されている頭皮の血流を促進する働きのある成分です。

AGAは特殊の男性ホルモンが根本的な原因なのですが、AGAと血流の両方が不良になっていることがほとんどなので、どちらも改善してあげることが大切です。

頭皮の血流が良くなることで、発毛を促進させる効果がありますのでプラスに働くことは間違いありません。

 

キャピキシルはミノキジルの3倍の効果が

AGA治療の定番と言えばミノキジルですね。一度は聞いたことはある名前だと思います。

ミノキジルは効果が高いことで有名で、医薬成分として分類されている成分です。

キャピキシルを研究しているルーカスマイヤー社の実験では、キャピキシルはミノキジルの約3倍の効果があることが実証されています。効果は約3倍ですが、キャピキシルには副作用はありません。

ミノキジルの血管拡張作用は発毛に高い効果がありますが、実は副作用の報告も多く安心して使用できるものではありません。副作用のことを考えると覚悟を決めて使用する必要がある成分です。

 

AGA治療を天然成分で行っているようなもの!

AGA治療を受ける場合にはミノキジルとプロペシアを併用するのが一般的です。

それぞれにAGA治療の役割があります。

一般的なクリニックで行われているAGA治療について説明していきますね。

 

プロぺシア

AGAの根本的な原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を抑制することができます。
ジヒドロテストステロンが生成されなくなるので、脱毛のリスクを減らすことができるようになります。

男性ホルモンを抑制するお薬です。

 

ミノキジル

ミノキジルの主な役割は血管拡張作用により頭皮の血流を促進することです。

それにより、強力な発毛効果を得ることができます。

プロペシアが守りでミノキジルが攻めの成分とも言われています。この2つの相乗効果により、AGAを改善していくということです。

フィンジアの天然成分はこれに非常に近いものがあるのです。

男性ホルモンを抑制する成分は、(プロペシアの役割)

 

  • センブリエキス
  • キャピキシル
  • カプサイシン
  • ヒオウギエキス

 

血流を促進し発毛を促す成分は、(ミノキジルの役割)

 

  • ピディオキシジル
  • センブリエキス
  • カプサイシン
  • キャピキシル

 

医薬成分や薬ではなく、天然成分で全てカバーしているのがフィンジアです。

プロペシア・ミノキジルには重篤な副作用も報告されていますが、天然成分のフィンジアには副作用はありません。

こうやって見ると理論的にもAGAに効果が期待できると思います。

 

ハゲているならフィンジアは無駄!

AGAがとてつもなく進行してもはや手遅れということもあります。
残念ながら、そんな方がフィンジアを試しても効果が得られない可能性が高いです。

それだけ一度なくなった髪を生やすのは難しいことなので、そんな方はクリニックに相談されることをおすすめします。

 

  • 最近薄毛が気になってきた
  • 家系がAGAなので予防したい
  • 抜け毛がひどい
  • 薄毛がひどくなってきた

 

という方はフィンジアを試して様子を見るのも1つの手段ですね。配合されている成分は育毛剤の中でもトップクラスの品質なので効果は期待できますよ。試してみて損はない育毛剤です。